製造販売ビジネスシミュレーション

 概要及びタイムライン

参加者は3-参加者は4~6人が1つのテーブルに座って、1人が1つの会社の経営者としてお互いに協力しあいながら、競争していきます。商品を仕入れて、販売するという、基本的なビジネスを背景に、安く仕入れ、高く売って利益の最大化を目指します。

① 製造・技術開発

商品を製造します。各社それぞれ、製造単価の高低で強み・弱みがあります。製造単価を下げる技術開発投資を行うことができます。

学びのポイント

製造業のビジネスの基本
原価低減が利益にもたらす効果

② 販売

商品を販売します。たくさん販売すればするほど、商品の価格は下がってしまうため、他社の動向を見定める必要があります。

学びのポイント

競合他社の参入による価格下落のメカニズム(供給曲線の存在)

③ 他社からの技術導入

他社(他のプレイヤー)にお金を支払うことで仕入単価を下げる技術を導入できます。勝つためには他社との協力関係を構築する必要があります。

学びのポイント

協力関係構築の重要性
交渉のコミュニケーション術

④ 自社ビジネスの説明

ビジネスゲーム体験と自社ビジネスの類似点と相違点を解説することで、自社ビジネス理解を深めさせます。

学びのポイント

製造業の基本における類似点と様々な企業の独自性