管理会計ビジネスシミュレーション

 概要及びタイムライン

個人戦で化学メーカーを経営します。市場と他社の動向を読みながらROIを踏まえた設備投資を行い、最終的な収益力を競います。市場価格が下落を続けて行くなか、持続的な競争優位を築けるかが問われます。

① 状況の確認

限られた現金、限られた意思決定案件の中で、最も合理的な経営判断を行っていきます。

学びのポイント

様々な制約下でベストな意思決定をしなければならない

② 戦略の構築

供給量の増加に伴って、価格は毎年劇的に下落していきます。適切なタイミングで設備投資の意思決定を行わなければ、費用を回収することは難しくなります。

学びのポイント

チャンスをつかむためにも意思決定のスピードは重要だ

③ 管理会計

シミュレーションの状況を手元のシートに記録していくため、実施後に、各意思決定のROI(投資収益率)を計算し、意思決定の良し悪しを評価することができます。

学びのポイント

数字の根拠がない意思決定をしてはいけないんだ

④ 経営者の視点

経営が管理会計の数値で評価されることを実感できます。また、経営者がどのような不確実性の中で意思決定を行っているのか、その実感値に近い体感が得られます。

学びのポイント

仕組みを作る立場の人の景色観が分かった