事業投資・営業ビジネスシミュレーション

 概要及びタイムライン

参加者は3-6名で1チームとなります。各チームが会社を経営しチーム対抗で利益額を競い合いますが、利益率の高い製品の提供には適切な事業投資や強みが異なる他チームとの協力関係構築が必要となります。

① 戦略策定

市場のニーズ・自社の技術や開発力を基に、戦略を策定します。

学びのポイント

マーケットニーズと自社商品のベストマッチングをプランニングする重要性

② 事業投資

事業を遂行するにあたって必要な技術やリソースを事業投資によって調達する意思決定を行います。

学びのポイント

費用対効果に基づいて積極的に事業投資を行うことの重要性

③ 協業

自チーム単独では求められる規準の製品を提供できないときでも、他チームの協力を得ることで製品を提供することができます。

学びのポイント

協力関係構築の難しさと重要性

④ 市場の変化

刻々と変化する市場に対して、限られた時間で次の打ち手を策定し続けてゆく必要があります。チームメンバーで目標の共有と役割分担を再設定します。

学びのポイント

変化への柔軟な対応の必要性
目的共有・役割分担の重要性